読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テンションが上がる話をしよう

仕事や合コンでイマイチ冴えない人たちへ秘策の詰め合わせ。これで全部うまくいく。




















簡単コピー術!“無条件イメージ” を操れば誰でも簡単に売れるコピーが書ける。

「とろ~りタマゴ」と「生卵の黄身」。

どっちが食欲をそそるかと言ったらこれは明白だ。

黄身が乗っかってるだけで無条件に、「味がまろやかに~」なんて喜んでしまう。

でも「生卵の黄身を飲め」なんて言われたら絶対イヤだよね。気持ちわりい。

全く同じものなのに表現でこんなに変わってしまう。

それどころか味覚まで支配されてしまっているから恐ろしい。

もう洗脳レベルだ。

恐ろしや、タマゴ。

ただ、商品開発やコピーで、時にはそういうのに乗っかるのも大事。

「とろ~りタマゴ」ってだけで無条件にレベルが2上がるなら使わない手はない。

この “無条件イメージ” は他にも色々あって、食べものなんか特に多い。

「エビがプリップリ」「チーズとろ~り」「臭みが全く無い」とか。

「あんなのマヤカシなんですよ!」なんて頑固に使用を避けて、売れなかったら元も子もない。

コピーは芸術ではない。カッコよかったり、美しかったりしても売れなきゃ意味がない。

一番売るのが、一番いいコピーだ。

そんなわけで、黄身が乗ってる料理を見る度に、コピーの威力を再認識再恐怖するのです。

f:id:takuhikofuruya:20160527111930p:plain

それはそうと、黄身だけ乗ってる料理はよく目にするけど、

残った白身ってどうしてるのかな?白身料理なんて無いよね??

もし捨ててるとしたらかなり勿体無い。

かと言って、たんぱく質を欲するボディビルダーがタッパー持って店の裏口に並んでいる光景など一度も見たことがない。

これはあれだな多分、もう既に、

飲食店とゴールドジムは裏で繋がってるな。