読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テンションが上がる話をしよう

仕事や合コンでイマイチ冴えない人たちへ秘策の詰め合わせ。これで全部うまくいく。




















「独りじゃない」と言えどなかなか難しい世の中の解決策を考えた

「女の『大丈夫』は大丈夫じゃないと思え」と教えてくれた人がいた。

なかなかのモテ男だったなあ

「経営者の『大丈夫』はヤバイと思え」

あ、こっちは俺の言葉。

彼らはよく強がる。だからヤバくてもヤバイと言えない。

 

会社やお店が潰れる時って、周りが知る頃にはもう潰れることが完全に決定してる。

「もっと早く言ってくれればいいのに水臭い」と思ったことが何度もある。

でもやっぱ自分で始めた事業だから、なかなか弱さは見せられなかったりするんだよね。

「恥ずかしさ」と「弱さ見せられない」が混じって、一人でもがいてどうしようもなくなっても「助けて」の一言が言えない。

まあでも、やっぱ言えないかーとも思う。逆の立場だったら俺も言えないかもな。

 

大事なのは何を知っているかより、誰を知っているかだ。

自分ができなくたって、できる人を知っていれば大抵の問題は解決できる。

潰れたたくさんの会社やお店は、潰れなくて済んだかもしれないんだ。

だから俺は根本の、この“助けて言えない問題”自体を解決する必要があると感じている。

経営者じゃなくても素直に言えない大人はたくさんいるだろうから。

イケてる大人が周りの人に素直に「助けて」と言える仕組みが必要だ。

f:id:takuhikofuruya:20170118004747j:plain

で、考えたのがコレ、

「SOSの隠語を作る」。

 

今は皆、ツイッターフェイスブックやブログなどどれかしらやっている。

特定の人向けならメールやラインもある。

そこにSOSの隠語を入れ込む。

で、その隠語が大事なんだけど、

「きのう」はどうだろう。

これなら普段使っていてもおかしくない。「昨日」とか「機能」を変換し忘れたと見えるから。

「き(づいてほしい)のう(、、涙)」の略でもある。

もしそれに気付いたら、「大丈夫?ホントは??話してよ!」と聞いてやる。ちょっとしつこめに聞いてやる。自分じゃ素直に言えない人が相手だから。

向こうも意図的に書いたなら聞いて欲しい気持ちがあるわけだから、普段は言えないくてもしつこく聞いてきてくれれば話すだろ。世話が焼ける大人だが、それくらいいった方が話せると思うんだ。

もしホントに変換忘れで、取り越し苦労だったならそれはそれでいいし。

どうだろう。いい考えだと思うんだ。

でもただ、一つ大きな問題が。

この隠語が浸透しないと意味がない!笑

残念ながらこのブログの閲覧者数は学級閉鎖レベルだ。

拡散希望」と言ったところで大して拡散しないだろう。

まあでも取っ掛かりとしては、これをたまたま見てくれた人から徐々に広まったらなあと思う。

とりあえず俺は今日から、俺の周りの人が書いているか気にすることにするから!

 

あなたが重く抱え込んでいる問題は、助け合ったら案外簡単に解決したりする。

ここまで書いて思ったが、「素直に言えない大人は~」って書いたけど、大人も子供も関係ないか。言えない人はたくさんいる。でかい話になってくるな。

この方法じゃなかったとしても、何かそういう簡単に聞いてあげられる仕組みが世の中に浸透したらいいな