読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テンションが上がる話をしよう

仕事や合コンでイマイチ冴えない人たちへ秘策の詰め合わせ。これで全部うまくいく。




















チャンスを掴む力

誰でもできる、幸せを呼び寄せたほんの少しの「○○すること」。たったこれだけで未来が拓ける。

世界一マナーの良い(厳しい?)国だから、外国人がお店の床に座ってるのを見ると「オイオイ、、」って思ってしまう。 でも本人はマナー違反をしている意識は無いんじゃないかな?ただルールを知らないだけで。「マナー違反」と知ったら彼らもしないよ。 そ…

人も金も集まってくる超魅力的な社長が日々教えてくれた生の24の金言

俺がよく飲みに誘っていただいてる社長の言葉。 この方は俺の8歳年上。仕事もうまくいってるし、どこに行ってもモテる。かっこいい。顔はわりと普通めだけど、服装はさりげなくオシャレで清潔感がある。普段はとても柔和で優しいが、時々鋭い発言と目をする…

70歳社長が別室で俺にだけ真顔で話してくれた「ラクしなきゃ稼げない」その方法。

儲けている人はラクをしている。 俺のまわりのお金持ちで、セコセコ忙しそうにしている人なんて一人もいない(そういうフリをしている人はいる)。 ビジネスは部活じゃない。 「頑張ったら頑張った分だけ~」ってのはビジネスには当てはまらない。 もしもカ…

人脈不足に悩む人へ。名刺は不要。その代わりに必要なものがある。

「フェイスブックで友達1000人います」みたいな時代だ。 そんなの友達って言えるのかよ!?なんて思う俺は完全に時代遅れ。 初めはあまり知らない薄い繋がりでも、ネットを介して仲を深めることがごく普通に受け入れられている。 新しい友達の形なのかも…

テレビに出ていた社長に「こんな○○なヤツいない」と笑われたけど本のコラムを書かせてもらうことになった話

ウチにある本を整理していたら懐かしいのが出てきた。 『伝説の就活ゴールド』 俺が初めてコラムを書かせていただいた思い出の本。 書かせてもらうことになったその経緯がちょっと役に立ちそうなので、順を追って思い出して書いてみる。 ①出会い(テレビだけ…